名古屋市千種で歯医者をお探しなら、訪問歯科も行う名古屋桜通デンタルクリニックへ。虫歯治療をはじめ、インプラント、入れ歯、審美、歯周病など、各種治療に対応

拡大鏡による精密治療

治療の精度を高める拡大鏡

歯科用拡大鏡(ルーペ)

歯科用拡大鏡(ルーペ)

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。
特に歯の根は複雑な形状をし、肉眼では確認できないため、歯科医師の経験や勘に頼るしかありませんでした。

当クリニックでは、歯科用拡大鏡(ルーペ)を使用した、精度の高い確かな治療を行っています。
これにより、今まで確認できなかった微小な虫歯感染まで確認でき、削る量も最低限に抑えることが出来るようになりました。

歯科用拡大鏡(ルーペ、テレスコープ)とは

拡大鏡は、歯を拡大して見るための虫眼鏡のような道具です。
肉眼では見えなかった歯の微細な凹凸、隠れた根管、つめもの(補綴物)と歯ぐきの間の隙間などが確認でき、削る量も最低限に抑えることが出来ます。
拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。

「ミクロの世界と歯の治療の意外な関係」

「サージテル(歯科) クラフトクリップ」

拡大視野が可能にする歯科治療のメリット

虫歯治療

虫歯を作らないためには、削った部分を隙間なくつめることが欠かせません。
拡大鏡を使うことで高倍率で確認しながら治療が進められるため、削る量を最小限に抑えることが出来ます。
的確な診断と正確な治療は、再治療を減らすことにも繋がりますので、生涯における通院回数を減らす上でも重要といえるでしょう。

  • 虫歯になっている部分を確実に見極められる
  • 削る量を最小限に出来る
  • 隙間なくつめられるから再発を防止出来る
  • 本来抜歯しか方法がない場合でも歯を残せる可能性が飛躍的に上がる

根管治療

歯の根(根管内)は複雑な形状をしている上に、肉眼では見えないため、今までは手探りで治療を行っていました。
拡大鏡を使うことで、隠れた根管までも確認出来るようになり、より確実な治療を行うことが出来ます。

  • 確実に治療の成功率が高くなる
  • 歯を残せる可能性が高くなる

審美歯科

肉眼では見えない微細な隙間が残ったままつめものやかぶせものを入れると、そこから細菌が侵入して歯の状態を悪くさせる恐れがありました。
拡大鏡の使用により、不適合が改善され、より完成度の高い審美歯科治療を行うことが出来ます。

  • 天然歯を見間違える美しい仕上がり
  • わずかな不適合部分も見逃さず、長持ちさせることが出来る

予防歯科

肉眼で歯石をとる作業の場合、塊は除去出来ても、表面に粉状に残ってしまうことがあります。
しかし、ルーペを使うことにより丁寧に除去することが出来ます。

  • 虫歯になっている部分を確実に見極められる
  • 確実に歯石を除去することが出来る

などなど、
拡大鏡を利用するたくさんのメリットがあります。

今まで見えていなかったこと(気づかなかったこと)が見えるようになり、より緻密で繊細な作業が可能になります。
当クリニックでは、「今」だけではなく、患者様の「将来」を見据えた治療を心掛けております。

名古屋市千種の歯医者 千種駅徒歩2分

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+